剛毛との戦い

30代後半の女性です。白い敏感肌に濃い剛毛が目立つ、損な体質をしております。

経済的な理由から私は自己脱毛処理一本やりなのです。もしも願いが叶うのなら、プロの手によるエステサロン脱毛でお願いしたいのは両脚のひざ下です。露出の低い服装がメインで、夏でもノースリーブを着ることは全くありません。ですから両わきは二の次です。

では何故両脚のひざ下かと言いますと、空手道場に通っているからなのです。私の行っている空手道場は、女性比率がかなり少なく、9割がたがもさもさとした男性です。皆さん筋肉質な上に、もじゃもじゃごわごわの体毛やおどろおどろしいタトゥーなどで飾って(?)いらっしゃるのです。ですからこの時ばかりは、私も自分の剛毛ぶりを忘れて、リラックスしてお稽古に集中することができるのです。実践を重視している道場なので、頭を羽交い絞めにされることもありますが、その際に相手の腕の毛が鼻に入ってフガフガかゆい、というのはもう慣れた光景です。

ただ、そうして油断して「おとついカミソリでそったから今日はいいか。あんまりそりすぎてもカミソリ負けで今度は肌が荒れちゃうしな」と脱毛を怠り、ちょろっとすね毛が顔を出している状態で稽古に赴いたとします。そんな時に限って、無茶苦茶にイケメンなかわいらしい若者と、二人で組んで準備体操をする羽目になってしまうのが、私のマーフィーの法則なのです!!

空手は蹴り技も大切ですから、相手の足首をつかんで股関節を伸ばすストレッチ運動などもあります。やや長めの空手着とは言え、やはり足首をつかまれる際には「ギャー!やめて見ないでー!!」と内心大パニックに陥っています。

元々は自分が自己脱毛処理を怠っていることが原因だし、気にし過ぎなところもあるかな、、、と思う所もありますが、こんな風に「トホホな事態」が何度も続きますと、やはりどうしても永久脱毛に気持ちが行きます…。
最近、ちょくちょく脱毛について調べはじめました。
医療機関で用いられるレーザー脱毛の方がら脱毛効果が高くて人気みたいですね。
わたしは広島市内に住んでいますのでこのサイトを参考にしています

レーザー脱毛広島※広島で医療脱毛(永久脱毛)が受けれるクリニック

早くこの悩みとオサラバしたいものです・・・

Leave a Reply